アメジストとシトリンのネックレス☆

2012.02.10 Friday

0


    グリーンがかったホワイトのアネモネ。


    つぼみで入荷して、咲いたらこんなにかわいい〜!


    こんなめずらしいアネモネもあるのですね。^^






    今日は陽射しも少し明るくて、

    気持ちもほんの少しだけ春めいて。。



    オンソワの天然石のネックレス、


    アメジストとシトリンのネックレスは、



    淡いパープルとレモン色の


    パステルカラーがとてもきれいで、


    これから春のおしゃれにピッタリの


    アクセサリーだと思います♪










    レースのワンピースと合わせてみたら、


    淡いすみれ色とレモン色がすごくかわいくて、


    あぁ、もう今からすぐに使いたくなってしまいます..!



    気持ちはもう春ですね。。^^



    シルバーのネックレスと重ねづけするのにも


    ちょうどいい長さだと思います♪












    ビワ染めリネンbag

    2012.02.09 Thursday

    0


      特に寒く感じる今日この頃。。


      気がついたら、クリスマスローズが

      こんなにつぼみをつけていました。







      先日、結婚のお祝いを探しに

      ご来店下さったお客様から、


      以前菫埜で販売していたような

      リネンとレースのバッグを。。


      とリクエストいただき、

      久しぶりにお作りしました

      ビワ染めリネンbagです。



      スイスのレースも美しく。。♪







      また、以前モヘアのスヌードを

      お買い上げ下さったお客様が


      「軽くてあったかくて、

      しかも頭痛までなくなって

      ほんとにとてもよかったので!」


      と、もう1枚色違いのモヘアの

      スヌードをお買い上げ下さいました。^^



      あんなにたくさんあったスヌードも

      こちらのシックなワインがかったパープルの

      すみれ色のモヘアでラストとなりました。。


      まだ肌寒い春先まで、お使いいただけると思います。


      2月の誕生石 アメジスト

      2012.02.07 Tuesday

      0


        大人のワインカラー

        シックなパープルの

        ヒヤシンス。


        初めて入荷しました!



        こんなおしゃれな色の

        ヒヤシンスがあるなんて

        今まで知りませんでした。。



        仲卸さんが、

        Sumirenoさんが好きそう


        と思って入れてくれたみたいです。^^



        仲卸のIさん、どうもありがとう!









        2月の誕生石であるアメジストの

        オンソワのロングネックレスを

        アップしました→ 








        アメジストは、

        ストレスで疲れた心を癒し、落ち着かせ、

        穏やかな安らぎを与えてくれると

        言われています。



        マイナスエネルギーを浄化し、

        希望の光で心を満たしてくれるのだそうです。






        フーシャピンクのタッセルつきです♪

        菫埜の冬

        2012.02.05 Sunday

        0


          菫埜の冬の庭。


          お花もほとんど咲いていなくて、

          ビオラがほんの少し咲いているくらい。









          こんな寒さの中でも、秋から

          ずっと咲き続けているバラ。













          ずっと温室みたいに

          暖かいところにいては、


          だめだなと思う。



          冷たい風にさらされて


          強くなるんだと。。






          去年は、

          7月頃から11月くらいまで

          とてもつらかった。



          これでもか、これでもか!


          っていうくらい

          いろいろなことが起こって



          また、来たか!


          まだ、来るか!!


          と思いながら受け入れていた。






          景都が中学の合唱部に入部してから

          夏の最初の歌のテストでは、


          先輩たちから、


          声が子供っぽいとか


          わからないんだったら

          ちゃんと聞いてほしい

          迷惑になります



          とか、ダメ出しのオンパレードのような

          評価を書いた紙をもらってきては、泣いて、



          先輩が指導してくれるように歌えない


          と言っては泣き、




          夏のNHKのコンクールにも

          1年生4人中3人が落とされて、

          3人で泣いたと話しながら泣き、、


          ほとんど毎日のように

          泣いて帰って来たので、



          大好きだった歌が、


          歌さえあればつらいことも


          乗り越えることができた歌が、



          その歌のことでこんなに


          泣くようになってしまい、



          私が合唱部に入れたら、、


          なんて思ったことが間違いだったのか、



          こんなに高いレベルの合唱部には


          景都はついていくのはきつかったのかもしれない、



          とか、悩みながらも、景都には



          「先輩がアドバイスしてくれるなんて、

           すごくありがたいことなんだよ。

           できないなら、練習して

           出来るようにすればいいでしょ。」


          と励ますようにしていました。



          それでも、なんとか毎日休まず部活に行き、



          夏の終わりのコンクールには出してもらえて、



          そこで次の群馬県で行われる


          関東大会に出場できることに。。





          苦しい夏休みだったけれど


          最後にご褒美がもらえてよかったね



          なんて言っていたのも束の間、




          9月の初めに足の傷が悪化し、


          こども病院に連れて行く途中で


          交通事故に遭い、救急車で運ばれることに。。



          幸い事故の後遺症もなく、


          でも足の傷の悪化で


          群馬行きも危ぶまれましたが、


          こども病院に通院しながらの治療で、


          なんとか群馬にも行けそうでよかったね



          と言っていたところに、



          合唱部の顧問の先生から、



          群馬県の舞台の台の奥行きがないため、


          車椅子で舞台に上がることができない



          と大会直前に告げられ、


          景都は群馬に行けないことに。。




          夏は歌のテストで落ちてコンクールに出られなくて


          それなら、しょうがないと思うけれど



          車椅子だから舞台に上がれない



          という理由で景都だけ出られないのでは


          あまりにもかわいそうで。。




          号泣する景都を見ながら、


          自分も涙をこらえるのに精一杯で、


          ほんとこの時がいちばんつらかったです。。





          しかし、救世主現る!




          このことを知った景都の担任の先生が、


          車椅子で台の上に乗れないのなら、


          普通の椅子に座らせたら大丈夫なのでは!?



          と提案して下さり、顧問の先生も


          「あら、なんで思いつかなかったのかしらね」


          と言うことで、私たち夫婦が景都を持ち上げて


          舞台の上の椅子に座らせる、ということで


          また景都も群馬に行けることになったのでした。。





          群馬に行けるようになってよかったものの、


          今度は私が事故後の腰痛がでてしまい、


          群馬まで景都を持ち上げたりして


          連れて行くことができるんだろうか。。


          と心配になって、私がしっかりしなければ..!


          と思えば思うほど、今度は腰痛から胃痛まで始まって


          腰痛と胃痛の激痛で何が何だか解らず病院に行き、


          初めて自分が神経性胃炎になってしまいました。。





          そんなこんなでいろいろあったけれど、


          無事、群馬県の舞台で景都も歌わせてもらい



          ほっとしていたのも束の間、




          10月には景都が高い熱を出し、何日も下がらず、


          またしても、こども病院に入院することに。。





          2週間くらいして、11月の半ばに退院できましたが、


          あんなに楽しみにしていた文化祭には出られず、


          合唱部でもお休みしてしまった分、遅れてしまい


          皆についていけず、体力と気力を戻すのに


          特に景都の気持ちを上げるのに


          とても時間がかかりました。。







          昨年は、入院から始まって

          入院で終わったような


          ほんとにいろいろあった

          一年でした。。










          今年に入り、合唱部の3年生が引退して


          1、2年生になって初めてのコンクールが


          2月にあるということでまた歌のテストがあり、


          「今度は泣かないで帰って来てよ」


          と笑いながら送り出したのが、ちょうど


          すみれのフェアの2日めでした。





          とは言ったものの、


          泣いて帰って来るかもなぁ


          と思ったりもしていたのですが、




          景都は元気よく笑って帰ってきました。




          フェアが無事終わり、夜、夕食のテーブルで

          「今日は歌のテスト、どうだったの?」

          と聞くと、ちょっと待ってて

          と言って、また、先輩たちから書いてもらった

          感想の紙を部活のファイルから取り出し

          こちらに持ってきました。


          こちらも覚悟しながら見てみると、



          声量がすごかった



          練習の時もその声で歌えるといいと思います


          ソプラノのためにも部全体のためにも

          普段から景都ちゃんのその声が欲しいです





          って、ぼろぼろだった夏とは違う

          感想が書かれてありました。




          中には、


          もっと口の形を気をつけよう

          とか、テンポや音程のことなど

          たくさん注意されていたけれど


          夏とは違って本人も前向きにとらえて

          気をつけようと思っていたようだし、



          何といっても



          夕食のお祈りのあとに


          「じいじ、ばあば、ママ

          すみれのフェア、おつかれさま!」




          と自分から言ったのには、



          あぁ、景都もこんなことが


          言えるようになったんだな。。



          いつも何も言うことを聞かないのに、



          部活で自分が頑張ったことを認められて、



          心が満たされて、こうして家族にも


          労いの言葉をかけられるようになったんだなぁと




          本当に嬉しく思いました。






          部活で、歌の技術だけでなく


          もっと人生の厳しさとか


          もっともっと大事なことを


          教わっているんだなと思いました。











          そして、昨日が


          アンサンブルコンテストで、



          午前中私は店をお休みして、



          夫婦でまた景都の介助に。。




          リハーサル室でリハーサルもできる時間もあるのですが、



          それまでの空いている時間に、皆で外へ行き、



          冷たい風の強く吹く中を、パート練習をしていました。




          先生に言われているんじゃなくて、自分たちから


          やっているところがえらいなと2年生の意気込みを感じ、



          それにしても、こんな寒い中で..と思いながら見ていると



          2年生2人、1年生2人の4人のソプラノの声の中に


          ちゃんと景都の声も響いて聞こえてきました。



          4人の中でも、2つのパートに分かれていて


          そのハーモニーもとてもきれいで、、


          景都もここではちょっとは必要とされているんだな


          という姿を見れたことが何よりの喜びでした。




          合唱部の皆さん、本当にどうもありがとう。。





          そして、金賞をいただくことができました。。





          グランプリの学校は、もっともっと人数も多くて

          レベルも高くて、パフォーマンスというか

          すべてに圧倒されてしまったけれど、



          二中の二年生10人、一年生4人の少ない人数でも、

          1年生に一生懸命教えてくれる二年生と

          それに必死についていこうとする1年生の

          頑張っている姿に、心が洗われたような

          そんないい気持ちで終われた一日でした。。








          そんな喜びも束の間、


          (え!また!?)




          今週の半ばから、景都、また入院です。。



          でも、今度は決まっていたことで


          長くても1週間と言われているので


          気持ちのコントロールも大丈夫かと。。





          冬、冷たい思いをしないと


          逆に不安になります。。



          逆境がないと、


          強くなれないですものね。。




          冷たい風にさらされないと。。






          今は固い桜の蕾み。











          こんな冬の寒さの中でも


          健気に咲いている


          スノードロップ。





          春を迎えるには、


          なくてはならない


          冬なのだと。。。








          こんなに長く最後まで読んで下さって


          ありがとうございました。

          en Soie 新作リング☆

          2012.02.03 Friday

          0


            スイスのチューリッヒを代表する

            アクセサリーブランド「en Soie」の

            新作リングをSumirenoのサイト

            アップしました!






            淡いアメジストの大きなリングと

            シックなアメジストとクリスタルのリングです。






            まるで夢を見ているみたい。。


            そんな気持ちにさせられてしまうような


            心ときめくオンソワの新作リング。



            スターリングシルバーの


            後ろから見たデザインも


            とても素敵なのです!









            アメジストは、

            希望の光で

            心を満たしてくれる

            と言われているそうです。。