美津子つれづれに…「ラストクリスマスイブイブコンサート」

2018.12.25 Tuesday

0

     

     

    友人のご主人にチケットをプレゼントされて、初めてRPBの
    コンサートに行った時は、本当に歌がうまくて、おもしろくて、
    楽しくて…。


    まさか、景都が一緒に歌わせていただけることになるなんて、想像すら
    できませんでしたが、RPBのイブイブコンサートが、景都にとっても、
    私達家族にとっても、1年でいちばん大事なイベントになって、もう4年
    にもなります。


    初めてお声をかけていただいた時は、RPBの長い間のファンの皆様
    に申し訳なくて、博美と2人で話し合って、景都に内緒でご辞退した
    のですが、優しく励ましていただいて…。


    初めての時は高2で、じいじと私が付き添いました。


    博美が乳ガンの手術を受け、抗ガン剤治療が始まったばかりの
    一番辛く、苦しい時でした。


    そんな中、景都はRPBと歌える幸せをいただいたのです。


    その後も、折にふれ、声をかけていただいた、それが
    景都のの生きる大きなモチベーションになっている
    のです。


    博美も、元気に治療を続けています。


    今年は、25周年で、ラストクリスマスイブイブコンサート
    ということでした。


    本当に、感謝の表しようもないくらいですが、せめてメンバー
    の皆様にお花をあげたいと思って、クリスマスカラーの白と
    グリーンと茶色に  red pointをと、まっ赤なバラを1輪ポイント
    にしたアレンジを4つ作って、家族皆で書いたクリスマスカード
    を添えて届けました。


    思いがけなく、ステージに飾っていただいて、コンサートが始まりました。


    オープニングから、いつもに増して、ものすごいパッション。


    何だか皆、ますます若くなって、パワフルで、すごくまた歌が
    うまくなってて、ワクワクしてきました。


    ラストイブイブということで、すごく練習したと聞いていましたが、
    本当に、それが伝わってくる演奏と歌に感動し、相変わらずおもしろくて
    ワハワハ笑って…。


    あっという間に1部が終わってしまいました。


    2部の初めに、景都が歌わせていただくというので、私も久々に緊張して、
    祈るような気持ちで聴きました。


    「白いブランコ」は、あこがれのソンバーさんとデュエットもあって、
    きっと夢見心地だったのでしょう、幸せそうに、のびのびとした声で
    歌いました。


    「いのちの歌」は、景都はRPBの皆さんを思って歌うんだ
    と朝、ヘアブローをしてあげてる時に話していましたが、
    とても心を込めて歌いあげました。私もその思いが同じで、
    RPBの演奏とハモリがあまりにやさしく寄り添ってくれて
    いるので、泣いてしまいました。


    「こころの花」は、ニューバージョンで、杉浦さんとデュエット
    してもらい、大感激。


    主人は泣きながら、「景都のメイクがよかった」ですって。
    本当。


    私は、景都が舞台で歌うこと、そして、そのメイクをするのが
    夢でした。


    結婚した時、主人は東京で化粧品店を経営していました。


    チビで、ブスで、デブで、(デブは結婚してすぐ、5kもやせた
    ものですが)のコンプレックスから、ビューティースペシャリスト
    への道半ばで挫折しましたが、あの時、苦労したかいがあったと
    いうものです。


    あまり目立ちすぎないアイメイク、マスカラの2度づけが
    功を奏し、主人が欲目で、目が大きく見えた…と。


    ともあれ、無事に歌い終えてよかった。


    「また会う日まで、「満天の星」は、いつも通り総立ちで。


    前の席の人達の動きが違うと思ったら、どうやら、「我夢土下座」
    のshinさんだった。私の動きも、それに合わせて…。


    私、絶体ラストじゃない。


    あのパワーで終わってしまうわけがないと思っていたら、
    やっぱり来年もあるんだって。


    あぁよかった。元気でいなくちゃ。


    このまま、暮れのお正月花展も頑張るぞ!!

    スポンサーサイト

    2019.09.18 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする