美津子つれづれに…「先生ありがとうございました。」

2018.12.13 Thursday

0

     

    主人が、お正月に向田邦子のドラマをテレビでやらなくなった

    という話を配達先の花の先生にして、向田邦子の追悼集等8冊も
    持たされて帰って来たので、私はその8冊を読破して、ようやく
    お返ししたと思ったら、今度は大きな紙袋いっぱいの向田邦子を
    さげて帰って来ました。


    「一年くらいかけて、ゆっくり読んでって」


    ちょうど、BOOKOFFで原田マハさんとか、小川糸さんとか、
    いっぱい買いこんできたところでしたけど。


    先生は、人生の大先輩です。
    彼女の「70歳は、とても楽しみよ。全然嫌だと思わない」
    「75歳は、すごく自由よ。何でもやりたいことを気楽に
    やれちゃう」という言葉に先導され、励まされて追いかけて
    います。


    とにかく一度、家の本棚に全部並べさせてもらって、
    そこから気の向いた順に読むことにしました。


    シナリオから小説にすることを、「ノベライゼーション」という
    のだそうですが、読みやすくて、ほとんどドラマで観たり、読んだり
    したことのある話だったけど、読み進んでいくうちに忘れていたことを
    思い出したり、吉村実子ちゃんや杉浦直樹や、加藤春子さんなどの顔を
    思い浮かべては…。


    彼女もよくお父様に怒られたと書かれていますが、私もいつも
    叱られてばかりで、父のことを嫌っていた時期がありましたが、
    大人になってからは、深いところでの愛情とか、まっとうに生きる
    ことを教わったという思いもあって、父には本当に育ててもらったと
    思います。


    長女だったから、妹や弟が同じことをしても私だけがビンタを
    はられたり、押し入れに閉じ込められたりして、理不尽だと反抗
    しましたが、一度だけ、父と旅行をした思い出があります。


    私が20歳頃だったと思いますが、父と二人で大阪万博へ
    行ったのです。


    二人で長い列に並んで、月の石を観たり、サンブレロをかぶった
    マリアッチのラテンを聴いたり、初めてスモークチーズの味を
    覚えたりしました。


    このたび、また2025に大阪万博が決まったというニュース
    を観た時、父との思い出がよみがえり、生きていたら盛り上がった
    だろうにと。


    まさに男性社会のあの時代に、女性が脚本家としてやっていく
    などとは、大変なことだったと思いますが、男性をたて、
    上手に相手を生かしながら力を借りたり、支えられたり
    して、周りの人々を思いやり、特に、女性の権利を主張する
    ようなことをしなくてもいい関係を作っていたのだと思います。


    またあの昭和の時代は、もちろん定年ももっと早かったし、
    寿命もこんなに長くはなかったけれど、老人といわれる人達が、
    今よりずっと男と女だったし、死ぬまで人間だったように思います。


    全部読み終えて、時間のかかる宿題を終えた感じです。


    お正月花のお稽古の花を届ける時には、お返しできることが嬉しい。
    開放感。


    向田邦子にどっぷりとつかった一年でしたが、おもしろかった。


    N先生、ありがとうございました。

    冬のイニシャル刺繍バッグ

    2018.12.11 Tuesday

    0

       

      ご注文いただいておりました、

      イニシャルNの刺繍の

      大きなバッグも出来上がりました。

       

       

       

      先日お買い上げいただいた

      小さな刺繍のバッグを持って、

      この日は大きな刺繍のバッグを

      お求めにご来店下さいました、

      お人形さんみたいに可愛いお客さま♡

       

      バッグを2個持ちされたお姿が

      とても可愛らしくて、思わず

      パシャリさせていただきました♡

       

      こんなに素敵にバッグをお持ち下さって

      とても嬉しかったです!

       

      Yさま♡本当にどうもありがとうございました♡

       

      リストウォーマーとシンブルのタッセル

      2018.12.10 Monday

      0



        新作の手編みのリストウォーマーと
        シンブルのタッセルが出来上がりました。

        冬のプレゼントに。。

        もちろん自分へのご褒美としても。。^^



        イタリア製の毛糸で
        mitsukoが編んだ

        リストウォーマー。


        リボンで大きさを調節できます。

        とても温かくて、
        私も冬は毎日愛用しています♡

        心も温かくいられるような気がします♡

         

        「ここあーず訪問ライブ ただいま!」

        2018.12.08 Saturday

        0

          画像に含まれている可能性があるもの:2人、Kousuke Suzukiさんを含む、、スマイル、ギター
          12月8日(土)に、島田市中溝にある放課後等児童デイサービス
          「リカバリーここあ」へRPBの紅介さんと一緒に訪問ライブに行き、
          肢体不自由の小・中学生達と一緒に歌を歌ってきました。



          ここあは、4年前、私が高1の秋から昨年3月まで利用させて頂いていた施設で、
          職員の方や、利用している生徒さん達が明るく、優しく、まるで家族のように
          感じられます。そのため、ここあに着いてから出迎えて下さった石橋さんを見た時、
          「ただいま!」と言ってしまいました。中に入ってからも、「ただいま帰ってまいり
          ました。」と言ってしまうほどでした。


          今回、歌わせて頂いた曲は、「道」、「糸」、「うみ」、「上を向いて歩こう」、
          「たのしいね!」、「もみじ」、「心の花」、「今日の日はさようなら」、「青い空」、
          「また会う日まで」です。


          歌う時に、曲の始まりが分かるように、指で数字を作ってカウントをしたり、時々、
          手話をやったりしながら歌いました。一緒に手話をやって下さっている職員の方も
          いて、とても歌いやすかったし、皆さん、楽器を鳴らしたり、手拍子を打ったり
          しながら楽しんで歌って下さっていたので、こちらも、楽しんで歌うことが
          できました。


          私にとって家族のような存在の人達と一緒に歌うことができて、皆さんに楽しんで頂く
          ことができて、「ありがとう。」と言ってもらえて、とっても幸せな時間を過ごす
          ことができて、本当に嬉しかった。


          今回、お忙しい中お声を掛けて下さった「リカバリーここあ」様、当日、演奏して下さった
          紅介さん、歌を聴いて下さった皆さん、ありがとうございました!!








           

          新作冬のイニシャル刺繍バッグ

          2018.12.07 Friday

          0



            丸底のたっぷり中にものが入る
            バッグをお作りしました。

            バッグインバッグができる
            大きめサイズです。

            イニシャルYを刺繍し、
            スイスのアンティークレースと
            パリのマロニエのボタンと
            タッセルをあしらって。

            冬の温かい素材のバッグです。