ふかふか巾着ポーチ

2018.02.23 Friday

0


    ブラックリネンの
    ふかふか巾着ポーチも
    お作りしました。

    私はiPhoneを入れて
    使っています。

    パリのアンティークレースは
    華奢で儚くて。。





     

    美津子つれづれに…「私の苦労を知りもせで」

    2018.02.22 Thursday

    0

       

       

      作品展が終わって、もう1か月たとうとしています。主人はオリンピック
      に夢中です。



      あの後、お抹茶教室に行くと、先生は「あなた良かったね。ご盛会で。
      これからは、あなたのお茶碗でお茶を出しなさい。それから、売る事も
      考えなきゃ」と言われ、男の人達は皆で「ご主人やさしいでしょう」、
      「何でもやってくれるでしょう」、「何も怒らないでしょう。ボクも無抵抗
      だけど」とかばかり。お花は?陶器は?


      何だか、一人よがりだったなぁとか、寒い中いらして下さったのに、きちっと
      おもてなしできなかったなぁとか、反省することばかりですが、考える間もなく、
      いっぱいお葬儀用供花の注文が入りました。


      Sumirenoは素敵なお花をやってくれるからと、葬儀屋さんの花を断って
      うちに頼んで下さるんだから、お応えしなきゃと、仕入から気を入れて
      作り、喜んでいただきました。

       

       

      いつも2月は店が暇なので、昼間日だまりの中、主人とバラの肥料をやったりするのに、

      毎日寒い日ばかり続いたので、とても外に出られず、主人にまかせてしまいました。


      そんな中でも、ウェディングボケーやコサージの仕事もこなしました。
       

       

       


      そして、一昨年10月に晋山式をなさった藤枝のお寺さんから、仏前結婚式
      をやるから、またお花をというお話をいただきました。
      あの晋山式で御住職になられた息子さんの結婚式です。


      お母様のブーケを作らせていただき、また、今度は息子さんの結婚式の花をやらせて
      いただけるなんて、花屋冥利につきます。


      主人と打ち合わせに行き、ご希望を伺って、どこにどういう風に活けるか大まかに決めて、
      洋菊の生産者Uさんのところにも一緒に行きました。


      Uさんの息子さんが笑顔で出て来て、「今日は奥さんも一緒ですか」と言いうと、
      お父さんも出て来て「総監督が来た」なんて。
      (やだ、主人いつも私のことなんて言ってるんだろう)でも温室に入れてくれて、
      好きな花をいっぱい選ばせてくれました。
       


      仏前だけど明るく、華やかに厳かに。


      集った花を見ながら、どこに、何を、どう活けるか、枝物を組んで割り振るのを
      前日1日かけてやり、当日は2:30から始めました。


      お寺は、とにかく広く、部屋数も多く寒い。


      器の用意してくれてある納戸へ行ったり来たり、器をセットして水を入れ、花材を
      運んできて、ごみを片付けるのが主人。私は、ただ花を活けるだけですが、
      この床の間のお軸は、迫力のある書だから、それなりに華やかに。
      ここは、格調高く厳かに、初めて対面する花器に合わせて、しかも、
      この花で10日後にも、また大勢の集まる会をなさるというので、持ちのいいようにと
      集中しなきゃ


      予め、どの花をどこに、どういう順序でとシュミレーションして紙に書いてあるのに
      主人ったら、「次は本堂でいい?」「この花器だっけ?」おまけに、次の移るごとに
      「さっきのごみ片付けたよ」といちいち報告しなきゃ気がすまない。


      「ウルサイ!」でもお寺だし、奥様がどこで見てるかわからないし、グッと我慢しながら...。


      お茶の仲間達も、洋菊の生産者のUさんも私の苦労を知りもせで。


      5:00近くになってすべて終わり、奥様にほめていただきました。


      本当のところ、主人なしではできなかったこと。


      奥様からご褒美にいただいた、新潟から到来の「越乃寒梅」の一升瓶を抱えて、足が
      ブルブルするなんて言いながら、満面の笑顔。


      大仕事が終わり、ほっと一息。Iさんおススメの伊集院静の「琥珀の夢」上下を読みました。
      前向きのサクセスストーリー大好き。それこそ、いちいち主人に話してやりたい
      話がいっぱい。次の東野圭吾が面白くなってきた頃、月に1度花材を届けている華道
      の先生が、紙袋いっぱいの本を持って来て、「これだけ読めば、向田邦子が全部
      わかるから」といきなり。

      最近「お正月に向田邦子のドラマをやらなくなったから、つまんないね」
      と主人と話し合ったから、配達の時、そんな話になったんだと思う
      けど、話がふくらんできたからきっと「女房が向田邦子のオタクです」とか
      「大ファンです」とか言って私に振ったんでしょ。いつもこうです。


      これから、久世光彦や弟さん、妹さん、「向田邦子研究会」の書いた本
      8冊を読破しなくちゃ。


       

      ミモザ染めコスメポーチ

      2018.02.20 Tuesday

      0

         

        ミモザ染めリネンで

        コスメポーチもお作りしました。

         

        プレゼントにもおすすめです!

         

         

         

         

         

        ミモザ染めのピンクベージュの影響か

        最近メイクもベージュ系♡

         

         

         

        新作まるいポシェット

        2018.02.16 Friday

        0

           

          陽射しが春めいてきましたね♡

           

          新作のミモザ染めリネンの

          まるいポシェットができました。

           

           

          ピンクベージュに

          ミルクティー色のアンティークレースの

          ドイリーがポイントです。

           

          春のおでかけに♡

           

          ダブルイニシャルモノグラムHEトートバッグ

          2018.02.15 Thursday

          0


            まるで春の陽射しのような
            やさしいピンクベージュの
            ミモザ染めのバッグを
            お作りしました。

            私もそうですが、
            お色違いでお持ち下さるお客様も
            わりといらしたりする、菫埜で
            何年も定番のようにお作りしていた
            大きめサイズのバッグだったのですが、
            ついにこの時がやってきてしまいました。。




            こちらの手のひらほどあるサイズの大きな
            アンティークのダブルイニシャルモノグラムが
            ついにラストとなってしまったのでした、、。

            優雅で美しく貴重なダブルイニシャルモノグラム。

            もし、イニシャルHまたはEの方がいらっしゃいましたらぜひ。